腸内環境

内容説明

 

私たちの体の中で、人体最大の免疫器官が存在するのは腸です。腸内環境を整えるためには、肉食を減らし、発酵食品やオリゴ糖を過不足なく摂り、世界遺産にも登録された和食に切り替え、規則正しい生活と適度な運動を心がける必要があります。

 

テレビ、新聞雑誌のコマーシャルで、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という腸内細菌の呼び方はすっかりお馴染みになりました。悪玉菌を減らし善玉菌を増やすと聞くと、腸内細菌を善玉菌だけにするのかと思うでしょうが、実は違います。全てのの存在は2極から成り立つとする宇宙の法則でしょうか? 善には常に悪がついてまわるのです。腸内におけるこれら3種類の菌は、善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7の割合で存在することが理想であるとするのが日本の科学者の学説です。日和見菌は、文字通り自分の都合で、善玉菌にも悪玉菌にも味方する内股膏薬的なの存在です。日和見菌を見方につけることが大切なのです。

 

大腸には、500~1000種類以上の腸内細菌住み着いています。その種類はは500〜1000種類以上、600〜1000兆個で腸粘膜全体から集めると1.5g、重さで1.5sにもなります。

 

私達の腸内に常在する菌の種類や構成パターンは指紋のように個性的であり、親子・兄弟といえどもそれぞれ違います。私には私の乳酸菌、あなたにはあなたの乳酸菌なのです。 従って、ヨーグルトや乳酸菌飲料などから摂り入れた乳酸菌は、例え生きたまま腸に届いたとしてもあなたの腸内に定着することはあり得ないのです。誕生の際、母親や周囲の環境から受け継いだ自分独自のの善玉菌を元気に保つことが肝心です。

 

これから赤ちゃんを産む女性は、腸内環境を整えておくことが大切です。母親の腸内環境はそのまま赤ちゃんにひきつがれす。健康な腸内環境は、生まれてくる赤ちゃんへの最高の贈り物なのです。

 

photo

 

腸の働き

 

photo

 

小腸と小腸の腸内細菌(乳酸菌・酵母菌)の働き

 

1、 消化   胃酸で消化された内容物を十二指腸で胆汁、膵液を混合して消化促進
2、 吸収   十二指腸でミネラル、炭水化物や脂肪などの栄養素は空腸、回腸で吸収する
3、 排泄促進 蠕動運動と発酵により大腸の蠕動運動を補助する
4、 ビタミン合成 B1、B2、B6、B12、ビタミンK、パントテン酸、葉酸、ビオチン
5、 アミノ酸合成 消化酵素の働きと腸内発酵により、様々なアミノ酸を生成する
6、 体内酵素合成 3000種類以上の体内酵素を生成する
7、 体内ホルモンの生成 50種類以上の体内ホルモンを生成する
8、 短鎖脂肪酸の生成 乳酸、酪酸、プロピオン酸、酢酸などは、炎症性サイトカインを抑制して過敏性腸炎などを予防。β-グルクロニダ−ゼの活性を低下させ発癌性物質生成を抑制
9、 体内ホルモンの調整   体内ホルモンバランスを調整する 
10、 血液の生成 栄養素は個々の血液に合う原料に変換されて吸収する
11、 血液浄化 腸内発酵により、腸内腐敗産物の生成を抑制する
12、 免疫活性 免疫細胞の70%は腸管にあり、30%は粘膜に存在する
13、 正常体温の維持 腸内発酵により腸内温度の上昇と、短鎖脂肪酸を生成し代謝物(エネルギー源)を体に供給する
14、 血液循環のコントロール 広大な面積の腸には血液が沢山集まるため、蠕動運動を促進する事により、全身の血液循環促進作用がある
15、 解毒作用 腸内発酵により、飲食物中の毒素を分解する
16、 脂質代謝促進 有用腸内細菌が不飽和脂肪酸を飽和化代謝し、水酸化脂肪酸、オキソ脂肪酸、共役脂肪酸、部分飽和脂肪酸を生成し、高脂血症を改善する

17、 脳細胞の活性 腸の全身の血流促進作用とニューログロビン(脳に酸素を蓄える蛋白)の生成により、脳内酸素量を増やす
18、 精神安定 セロトニン、ドーパミン、メラトニンの生成と脳内酸素量の増加
19、 血糖値の調整 インクレチン(小腸内生成ホルモン)を生成しインシュリンの生成促進
20、 血圧の調整 体温上昇、血流促進作用、体内酸素量上昇作用により、血圧を安定させる
21、 抗酸化作用 8-OHdg(エイトヒドロキシデオキシグアノシン)=活性酸素により白血球
DNAが損傷を受けて生成する物質を減少させる。活性酸素を減少させる。
22、 抗老化作用 腸内発酵菌は、小腸の粘膜細胞修復を促すと共に、老化物質を低下させる
23、 体力増強作用 筋肉中蛋白(ミオグロビン)を増殖させて、体内酸素量を増やす
24、 抗アレルギー作用 小腸粘膜を修復し、腸管からのアレルギー物質の侵入を防ぐ
ヒスタミンを抑制する。自己反応性T細胞と制御性T細胞の調和を保つ
自己反応性T細胞機能亢進、制御性T細胞機能低下⇒アレルギー、自己免疫疾患の発症
自己反応性T細胞機能低下、制御性T細胞機能亢進⇒癌の発症

 

 

知って得する善玉菌。悪玉菌講座 <善玉菌>

photo

知って得する善玉菌。悪玉菌講座 <悪玉菌>

 

 

photo

 

photo

 

イタリアへ旅行された方はバチカンで
ご覧になったあの精悍なダビデが
3年間アメリカで生活してイタリアへ
戻ったときはこんなになってしまったと
いうジョーク。

 

 

 

 

食べ物は大切です!!!
人間の体は食べたものでできています。
食べたもので腸内フローラの状態が影響を受けるからです。
腸内フローラを善玉菌優位に保つことが健康の秘訣です。

 

 

 

食事を換えるとどんな影響?

 

50〜65歳のアフリカ系米国人と南アフリカの農村地域の住民20人ずつに、ピッツバーグ大学トアフリカの施設に宿泊してもらい、食事のパターンを取り替える実験が行われました。

 

がんリスクに影響を及ぼす喫煙などの要素がない環境で、それぞれの調理法を使って調理した食事を2週間食べてもらった。 南アフリカの田舎の人には、高繊維で低タンパク質食事から、アメリカ式の低繊維で高タンパク質、高動物性脂肪の食事を食べ、アフリカ系アメリカ人にはその反対の食事を食べて貰もらった。その結果、劇的な変化が確認されました。アメリカの人の方は、腸内の炎症レベルが下がり、がんのノリスクに関係する科学物質が低下。
アフリア人の場合は、癌に関係する計測値が劇的に増加しました。

 

米国人の場合、食物繊維が10gから50g異常に増えたことと動物性脂肪とタンパク質の減少ががリスク低下を反映する検査値を変化させたものと考えられます。

 

食事の影響は怖い!

 

大腸がんの発生率が南アフリカの農村地域では1万にあたり5人未満、大腸ポリープも滅多になくない。アフリカ系米国人では、1万人あたり65人で10倍以上です。

 

食事により腸内細菌も変わるのです。