温熱治療の特長

低体温

 

平熱35℃台は要注意

 

低体温だと
感染症や病気にかかりやすくなる
脂肪を燃焼しにくくなり太りやすくなる
細胞の働きが悪くなり,早く老ける

 

原因

 

食事の乱れ
ダイエットや朝抜きが原因で、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足してエネルギー熱を作れない
運動不足
筋肉が不足すると、血液を送る筋肉を刺激しない状態が続き体温が上がらない
冷暖房がととのった住環境で体温を調整する機能が低下
ストレスに対抗するため、アドレナリンが適度に分泌され、血管をちじめて決行を悪くすると同時に血中のコレステロールや中性脂肪を増加させ血液を汚す

 

低体温ーウイキメディア
低体温症(ていたいおんしょう、Hypothermia ハイポサーミア)とは、恒温動物の深部体温(中核体温)が、正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状の総称。ヒトでは、直腸温が35°C以下に低下した場合に低体温症と診断される。また、低体温症による死を凍死(とうし)と呼ぶ。