温熱治療はなぜ効果があるのか

「三井式温熱治療器II」は遠赤外線を出す家庭で手軽に使用できる温熱治療器として開発されました。冷えや血流不順により発生する各部位の炎症の痛みや肩などのこりに注熱することで症状を和らげることが出来ます。発熱ヘッドの形状をピラミッドにすることで発生する熱が分散することなく垂直に患部に届くよう工夫されています。

 

体が冷え、体温が1度下がると、免疫力が10%下がるという研究も発表されているます。免疫力が下がると、病気に罹りやすくなります。冷えは万病の元です。常日頃から、「三井式温熱治療器II」で体を温めて毎日の健康にお役立てください。

 

 

 

 

 

 

 

三井式温熱治療器は、医療機器として認証された家庭用温熱治療器であり、次のような効果・効用があります。(新薬事法に基づいた仕様になっています。)

 

疲労回復
血行を改善
筋肉の疲れをとる
筋肉のこりをほぐす
神経痛、筋肉痛の痛みの緩解(かんかい) など
胃腸の働きを活発にする
また、ご自宅で手軽に身体を温めることができ、その温熱効果は長時間持続します。

 

低体温

 

平熱35℃台は要注意

 

低体温だと
感染症や病気にかかりやすくなる
脂肪を燃焼しにくくなり太りやすくなる
細胞の働きが悪くなり,早く老ける

 

原因

 

食事の乱れ
ダイエットや朝抜きが原因で、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足してエネルギー熱を作れない
運動不足
筋肉が不足すると、血液を送る筋肉を刺激しない状態が続き体温が上がらない
冷暖房がととのった住環境で体温を調整する機能が低下
ストレスに対抗するため、アドレナリンが適度に分泌され、血管をちじめて決行を悪くすると同時に血中のコレステロールや中性脂肪を増加させ血液を汚す

 

低体温ーウイキメディア
低体温症(ていたいおんしょう、Hypothermia ハイポサーミア)とは、恒温動物の深部体温(中核体温)が、正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状の総称。ヒトでは、直腸温が35°C以下に低下した場合に低体温症と診断される。また、低体温症による死を凍死(とうし)と呼ぶ。